シャンプーの選択2

では、合成シャンプーを止めてみようと思った理由を書きます。

しばらくヘアケアをしていなかったので、ひさしぶりに、頭皮マッサージを念入りにしてみますと頭皮には、柔らかいところもあれば、固いところもあり、固いところというのは、なんか異常に固いんですよね。

ウシの体表面には、白地に黒い模様がランダムで広がっていますが、ああいう感じで柔らかい頭皮の中に固い部分が
点在していました。

固い拡がりは、幾つかあり、そのうちの半分以上は、中心に芯を持った痛みを感じる局部的な腫れを持っています。
その腫れを中心として固い部分が広がっています。

何の疑念も持たず、これは頭のなかにできるニキビなんだと思っていました。しかし、これは本当にニキビなんだろうか?
もしかしたら、アレルギーではなかろうかと思って、とりあえず合成シャンプーをやめてみました。

そういえば、良く美容室でシャンプーをしてもらう時に頭皮が赤く腫れてますよと言われていました。
まあ、本当にニキビかもしれませんが・・・

といっても、合成シャンプーは、日本の高度経済成長においては、ガムシャラに働いたお父さん達の脂ぎった頭髪をきれいに洗い流してきた実績があり、(ハゲてしまいましたが・・・)欧米の食生活に慣れてしまったアブラギッチュな若者には、強力な洗浄力を持つ合成シャンプーが必要なのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です