薄毛と頭蓋骨の関係

「水道橋博士の異常な健康」をおさらいしているととんでもない仮説を見落としていました。

頭蓋骨は40才~45才までは、大きくなるというものです。
それに比べて頭皮はもう成長しないので頭皮がどんどんつっぱていくという仮説です。

つっぱりきって、頭皮が固くなっていきます。
当然、血行が悪くなり、薄毛が進行します。
逆にいうとこの年代をクリアーすると多少明るい見通しは得られるかもしれません。

実際にわたしも、薄毛対策の効果もありますが、47~48才を過ぎますと抜け毛が少なくなり、薄毛の心配が急速に後退しました。

この頭蓋骨の成長とあわせて、男性ホルモンの減少があると思いますが、とりあえず、45才を乗り切れば薄毛対策は比較的楽になると言えそうです。それまではやはり注意して薄毛対策にはげむのがよいかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です